つばさ オフィシャルブログ produced by hatena

First Wing(異業種コンサルタント) 代表

「Go up!」

 “人間は環境に慣れるモノ!”

 まさか…
かつて某小売(+流通)業界で経験させて頂いた仕事内容と類似している作業内容が医療業界で有って有難く思ったけど、

 然し乍ら、
譲れないのはやはり起床時間と始業時間!!


 以前も書いた事が有ったけど、

 英オックスフォード大学の研究者によれば、午前10時前の就業を強制することは拷問に等しく、従業員の体調不良や疲労、あるいはストレスの原因になるそうだ。

 55歳以下の成人の概日リズムは、一般的な9~17時という就業時間とはまるで一致していない。このために、従業員のパフォーマンス、気分、精神衛生に対する「深刻な脅威」となる。ポール・ケリー博士は、人間の自然な体内時計に合わせて、職場や学校などの開始時間を抜本的に変化させる必要があると主張している。

 概日リズムに関する実験から明らかとなったことは、平均年齢10歳の子供たちは午前8時30分前には授業にきちんと集中できないということだ。同様に16歳の学生なら午前10時、大学生なら午前11時に授業を開始すると、最高のパフォーマンスを発揮できることが判明した。

 ケリー博士によれば、単純に学校の時間をずらすだけで成績を10%向上させることができるらしい。実は彼にはかつて校長を務めていた経歴がある。その学校で授業の開始を8時30分から10時に変更しただけで、最高成績が19%向上したという。

 また、朝早くの就業を強制する企業では、従業員の成果を損ない、健康問題が発生することが多くなる。

 「これは由々しき社会問題です。従業員の就業時間は10時にすべきでしょう。9時から働き始めるのは55歳になってからです」とケリー博士。

 現代社会では従業員の多くが睡眠が奪われている。しかし、これは肉体的、感情的に影響することから人体システムにダメージを与え、ひいてはパフォーマンスも低下させる。肝臓や心臓には異なるパターンがあり、一般的な就業開始時間では2~3時間もパターンをずらすよう強制することになるのだ。

 人によって体内時計も違ってくるから、早起きできる人は朝要員、そうでない人は夜要員として起用したほうが企業の生産性も上がるかもしれない。日本では1988年よりフレックスタイム制が導入されたが、一般職の国家公務員は労働基準法が全面適用除外されていることからフレックスタイム制は導入されていない。

 ライフスタイルが多様化している昨今、これに合わせた勤務時間があってもいいはずだ。役所に関していえば市役所関連は午前8時30分から午後5時15分となっている。銀行だと 平日は9:00~15:00がほとんどである。あと1時間ずつずらしてくれたらより一層の効率化が上がるとおもうのだが。


 まさに仕事や勉強内容以上に→
働くor勉強する時間帯こそが最重要!!

 昨日は昼前に少し遠回りしながらゆっくり街中を出勤する中~

 工事している隣駅の駅前ビルの風景を見れるゆとり♪
f:id:tsubasaichijo:20160319023854j:image
 前日の朝8:00前の一般的な時間帯の通勤・通学の人や自転車、自動車そして各交通機関の時間に追われて殺伐とした街中とは違って、
 昼前の暖かくて穏やかな街中こそが上記の博士の仰る通り!